fc2ブログ
    青葉フットボールクラブ【青葉FC】は、横浜市青葉区のすすき野小学校で活動している少年サッカーチームクラブで、すすき野小学校、荏子田小学校の他、数多くの小学校、幼稚園の子供たちが所属しています。

    青葉FC LLホワイト vs HIP SC(B) 【2014年度 青葉区冬季少年サッカー大会U10】@元石川小学校/横浜市青葉区/少年サッカー

    2014年11月30日(日)

    【Aブロック予選 vs HIP SC(B)/△0-0 得点者/】

    本日2試合目。

    1試合目と同様のメンバーでスタート。相手は確かに足元がいい選手が数名いるが、連携プレーはこちらも負けていないはず。でも、1試合目との間隔が空きすぎ?食べ過ぎ?相手の勢いに惑わされすぎ?。。。恐らく全部正解かも、別チームになってしまいました。

    頑張っているものの、体力の消耗が速すぎる。次第に動けなくなっていくのが見え始め、全て単発のプレー、連携も見られない。1試合目の通りやれば何も問題ないはず。。。が全く気付いていない様子。ミーティングでも中々本人たちに届かず、不安なまま送り出したが的中、簡単には戻らなかった。。。

    バランスを崩さないようにメンバーを入れ替えたり、ポジションチェンジしたりと試行錯誤を重ねたが、ゴールを決めるイメージが湧かない、逆にピンチを迎える場面すら出て来てしまう始末。。。そこは何とかイナッツのいい判断で回避するものの、手の打ちようが無かった。
    よく失点しなかったものだ。。。

    結果は0-0でスコアレスドロー、一言で言えば「もったえない」。。。
    ここでしっかりと勝ち点3を取っておけば、ブロック内でも優位になってたので悔やまれる。

    「当たり前のプレー」をさぼらないというのは、相手のリズムを崩すことでもあるが、イメージ(考え)しながらプレーするための準備運動みたいなものでもある。それが出来ていなければ、突然は動けない。奪った後の周りの選手の1歩が遅い。考えなくなると足は止まるもの。。。

    もっと自分達の成長に気づいて欲しい!そんなゲームでした。

    (U10監督:冨塚)

    もしよかったらこの「拍手」ボタンをクリックしてね!
    大拍手の場合は「もっと送る」を連続クリック♪v(・_・)
    あなたの拍手で右上の「拍手ランキング」が決まります\(^_^)/

    web拍手 by FC2
    関連記事
    スポンサーサイト



    青葉区大会 青葉FC L vs HIP A【2014年度青葉区大会】@恩田第5グランド/少年サッカー

    2014年11月30日(日)

    【青葉FC vs HIP A /●0-3 得点者/】
    青葉区大会の1回戦は、先に行われた横浜市少年サッカー大会でもベスト13に行った青葉区の強豪HIP。青葉区大会でも常に上位に残る優勝候補である。
    今年はHIPとの対戦が無く、全く手探りでの試合となったが過去の経験からもその強さを予想出来たので、今日は3バックを起用した。
    GKひろと、DFはじめ、りく、りんたろう、MFは小嶋、しおん、ゆうじ、FWはりゅうとのワントップとした。
    中盤から守備ラインを厚くし、失点を極力抑えながら、カウンターで点をとる戦術であった。立ち上がりは、選手たちの集中力がすばらしく互角の戦いが続く。青葉の選手のするどいプレスにさすがのHIPもパスミスが多く、青葉がゴールに迫るシーンも見えた。
    先制点をあげれば行けるかもと感じた15分、HIPのCKでシュート性のボールをクリアして安心したのか直後の再CKで失点。1点のビハインドで前半を折り返した。
    後半は攻守に運動量が多く、やや疲れを見せていた小嶋に代え、りゅうぞうを投入。反撃に入るが、10分一瞬DFが裏を取られ走り込まれて2失点目。17分には、攻撃態勢に入るためMFが上げたラインと遅れたDFラインの間をつかれ3失点目を喫し、敗戦となった。
    DFラインの裏を絶えず狙っているHIPの戦術眼とそこを突ける技術、青葉のコンパクトなDFラインが崩れたところを見事に狙われた失点だった。

    今日の一戦は区大会初戦という意味ではとても大事な1試合でもちろん勝ちたい試合ではあったが、選手たちの気持ちが伝わってきた一戦でもあった。
    本ブロックには、強豪田奈、AZK、あなどれない嶮山5年生チームもいて、厳しい戦いが続くのは目に見えているが、今日のような気持ちの入ったプレイで自分たちの力を十分発揮し、チームの仕上げの大会として悔いの無いよう戦っていきたい。
    もしよかったらこの「拍手」ボタンをクリックしてね!
    大拍手の場合は「もっと送る」を連続クリック♪v(・_・)
    あなたの拍手で右上の「拍手ランキング」が決まります\(^_^)/

    web拍手 by FC2
    関連記事

    青葉FC LLホワイト vs 鴨志田緑FC 【2014年度 青葉区冬季少年サッカー大会U10】@元石川小学校/横浜市青葉区/少年サッカー

    2014年12月23日

    【Aブロック予選 vs 鴨志田緑FC/○4-0 得点者/シーホ[3]、レン】

    3勝2敗1分けで迎えた最終戦。すでに2敗、決勝トーナメント進出を1試合での大量得点や他チームでの対戦に委ねる時点で、結果を望めないと思うのが正しい。

    本日はスタメンが3人休み、正直なところ痛いが控え選手も成長しているので期待していた。結果がどうであろうと、最高のパフォーマンスを見せるべく挑みました。GKハヤト、FPユウト、コジロウ、リョウセイ、シーホ、ハラ、サノ、レンでスタート。

    相手選手の中には足元がいいのが数名、こぼれ球への反応もいい。交わされた後の周りのプレーがポイントの守備、シーホ、ユウトで高い位置でチームをコントロールできるかがポイントの攻撃。少し下がり気味のバックラインに不安を感じるものの、全体的に対応力は悪くない。スタートはお互いに勢いのみでのゲーム展開、ボールが落ち着かず、緊張ある攻防戦。

    均衡を破ったのは、シーホ。8分、ペナルティー外から得意のドリブルで右から切り込み、威力あるシュートを左に決めて見せた。10分、リョウセイのDF裏へのフィードボールをレンが飛び出して来たGKと接触するギリギリのところで触って2点目。少しオーバーしていた気がするロスタイム、またもリョウセイのフィードボールをシーホが決めて3得点目。ゲームを優位に持って行った。

    後半からは、安定しないメンバーを一度出して立て直し。気持ちが乗っている状況なのでコーチからは簡単に、後は選手たちにミーティングを任せた。

    後半も変わらずいいパフォーマンスを見せるも、1点が遠い。連携プレーでも引っかかる、奪われる場面も目立った。ただ、ユウトが高い位置で絡んでいることを理解している、コジロウ、リョウセイのカバーリングでバックラインを安定させていた。さすがリョウセイは1年生からポジションを確保していただけあって、安定した守備を見せる。さらには、攻撃の起点にもなれる成長を見せた。9分、そのリョウセイからのさらなるフィードにシーホがダメ押しの4点目。ゲームを決定づけた。最終戦は貫禄の4-0勝利を見せつけた。

    残念ながら得失点6足らず、皮肉にも初戦で勝利したもえぎ野FCが2位となり、決勝トーナメント出場を逃した。

    この区大会でLLホワイトは、トーナメント出場を早い段階で決めていなければいけない「レベル」にいた。。。

    ブロック内のAチームは5チーム。内、4チームに勝利。。。Bチームに対しては1敗1分け。元石川戦はレベル差があり仕方がなかったかもしれないが、2チーム相手には勝てたはず。また、どちらともに当日の2試合目。。。オフからオンへの切り替えに失敗して、滑り出しからいつものように出来なく、相手メンタル、フィジカル的に優位に立たれてしまったでしょう。

    レベルの高いチームに成長しただけに、期待を込めて最後に厳しいことを言ってしまうが、市大会でのブルー同様、自分達から崩れていってしまったこと、そのことに気づかず、もしくは気づいていても「俺が何とかしよう」と声掛けすらせずにずるずるとゲームしてしまったことを、ぜひ悔やんで欲しい。

    とは言え、ホワイトは市大会に続き、残念ではあるが最後の区大会でブロック3位という成績を残し、頼もしく成長してくれました。これが自信となって、経験することで確信に変わり、必ず自分のもになるはずです。

    一部の選手には伝えたが、弓削コーチの提案で、青葉カップU10は3チームで出場することとなりました。ネイビーもチームがまとまって来たことですし、ブルー、ホワイト、ネイビーとしてエントリー。メンバーもそのままで、青葉区大会の延長戦として挑んで、さらに磨きをかけてください。

    サポーターのみなさま
    車出し、本部お手伝い、熱い声援ありがとうございました!また、この時期の暖かいコーヒーは嬉しかったです。
    積み重ねてきた練習の成果がようやく本番で出せるようになったこの大会で、最終順位で悔しい思いこそしましたが、選手一人ひとりのレベルが上がり、チームとして大きな成長を感じていただけたと思います。悔しさは青葉カップに持っていき、さらなるプレーで魅了してくれることと思いますので、最後の大会でも熱い声援を送ってあげてください。よろしくお願いします。

    (U10監督:冨塚)

    もしよかったらこの「拍手」ボタンをクリックしてね!
    大拍手の場合は「もっと送る」を連続クリック♪v(・_・)
    あなたの拍手で右上の「拍手ランキング」が決まります\(^_^)/

    web拍手 by FC2
    関連記事

    青葉FC LLネイビー vs 元石川SC(G)、榎が丘ファイターズ(B)【2014年度 青葉区大会】@すすき野小学校/少年サッカー

    2014年11月30日(日)

    【1試合目vs元石川SC(G)15分H/1-1 得点者/りゅうせい】

    【2試合目vs榎が丘ファイターズ(B)15分H/0-1】

    今日はゆうせいをキャプテンに指名し、あえてキャプテンマークを腕に巻いてもらいました。
    狙いは、ゆうせい自身に今まで以上に責任感を持ってもらい、
    課題である浮き球への対応、期待しているチームメンバーへの声掛けをしてもらうこと、と
    チーム全員に新鮮な気持ち、変化(成長)し続ける気持ちを持ってもらうことでした。

    プレーに関しては、前夜の食事の際の高塚監督の話を出し、
    相手が嫌がる、常に立ち向かっていく集団になろう、なれる、ということを伝え、
    最初の5分に全力を尽くすことを締めの言葉として送り出しました。

    1試合目、VS元石川SC(G)。
    先発はGKじゃく、DFひろかず、ゆうせい、えんた、MFりゅうせい、きく、かなで、FWまさや。
    後半早めにやす、中過ぎからまっちゃん。
    全員、ファイトある、球際で負けないプレーを続けてくれました。
    課題である早い時間帯。結果として前半2分に失点。
    横パスを受け、個人技のある相手FWが真ん中から右サイドに流れながらDFをはずし上手なタイミングで逆サイドネットへゴロのシュート。
    GKも動きの逆をつかれ、やや遠めながらもきれいに決められました。
    ただ、皆、本当に頑張っていたため、負ける空気はなく、いつ点が入るのかという期待感、雰囲気がある展開。
    後半9分、やすのパスを受けたりゅうせいがDFを振り切り、ループシュートでGKの頭上を抜き待望のGOAL。
    全員の頑張りがもたらした結果でした。
    浮き球に対しても、各選手がバウンドさせずに胸や頭などで常にチャレンジできた試合。
    1つ1つの頑張りが、引き分け、勝ち点1という結果につながった試合。
    皆、良かったです。

    2試合目、VS榎が丘ファイターズ(B)
    相手はキック力があるので、相手のゴールキックに対しては、ホワイトのハヤトが蹴ると思っていつもより引いて準備すること、
    GKはロングシュートに常に備えることを伝え、送り出しました。
    先発はGKじゃく、DFひろかず、ゆうせい、えんた、MFりゅうせい、きく、やす、FWまさや。
    後半からかなで、中過ぎからあきと、そしてげんき。
    じゃくのスーパーセーブが連発した試合。
    勇気ある飛び出し、至近距離でのブロック、遠めからのハイボールへの対応。
    試合後は選手たちから”ホワイトに行ってもらったら困る”と声が出るほどチームを救ってくれました。
    そして他のDF陣も、ゴールエリアの中のギリギリの陣地で最後まで踏ん張って跳ね返してくれました。
    試合は前半7分に失点。ゴールキックからの展開を早めにつぶされ、距離はありましたが、
    相手が見えていたであろうシュートコースへ正確なグラウンダーシュートを打たれ、
    決して防げないシュートではなかったけれども、DFもGKもうまく触れず失点となりました。
    攻めに関しては前半はほぼシュートを打たせてもらえず、1試合目よりも壁を感じた試合。
    ただ、選手の頑張りが変わらず、しっかり守り続けたことで試合をつくり、
    あわよくば何とか同点ゴールを、と希望を持ち続けた展開、内容でした。
    0-1という結果でしたが、1試合目同様、ファイトあるプレーを見せてくれました。

    続く区大会。
    頑張っていきましょう。

    (LLネイビー監督代行/冨永)
    もしよかったらこの「拍手」ボタンをクリックしてね!
    大拍手の場合は「もっと送る」を連続クリック♪v(・_・)
    あなたの拍手で右上の「拍手ランキング」が決まります\(^_^)/

    web拍手 by FC2
    関連記事

    SL 青葉FC vsさぎぬまSC【2014年度 】@すすきの小学校/少年サッカー

    2014年11月24日(火)

    区大会を目前にひかえ強豪との戦いで大会に備える。(区大会は結局来年になってしまいましたが、)
    以前夏前にはしょうた、そらを欠くなかの対戦ではほぼ五分(惜しいところで敗戦)の相手でした。

    SL-B
    0-2.0-2.1-2(たかひろ)

    初戦。アップに時間をとりのぞみましたが、選手の顔つきはかわらない。ピリッとしない。
    先発は、市大会でのポジションを採用し、GKせな、たか、しょうた、ひろき、はるせ、りん、疋田、かいり。
    相手はドリブル技術もありDFまでも、はやく、FWがあるいてしまっていた序盤はとくに攻め込まれるシーンの連続。中央から突破され失点するとせなのパントキックが真ん中に入り難なく追加点をゆるしてしまいました。
    今回初めてせなにパントを蹴る位置を指示しましたがその後はしっかりとまもりサイドに大きく蹴る!一個またレベルがあがりましたね。
    後半、そら、えいたを投入すると運動量は増加ある程度高い位置でのカットが増えましたがシュートまではいけず。しかし後半は0-0やはり相手陣地にはいってのプレーの時間を長くすることが今のSLでのたたかいかた。

    2本目

    堂々とプレーするえいたをスタメンにし、
    前回から試している新布陣。疋田をDF.はるせを右サイド、たかひろを中央に配置。
    狙いは前線で激しくプレスをかけ、たかひろのボール奪取を高い位置で行い、はるせ、ひろき、りんがサイドからえぐる。かいり、えいた、そら、元気なFW陣が押し込み、跳ね返されたボールはたかひろのミドル、疋田のオーバーラップからのドリブル突破。そのうらはしょうたがカバーリング。
    こんな形を作りたい。
    この試合は得点こそありませんでしたがその片鱗をみせてくれました。ひろきの相手ハーフとのマッチアップでは迫力あるDF.攻撃、はるせは外側からクロス。危ないシーンではしっかり引いてのDF。えいた、かいりの運動量でたかひろが高い位置でボールを奪えサイド攻撃からチャンスをつくりました。後半のそら、かいりのシュートチャンスは狙い通り。あとは決定力だけですが、練習でゴールキーパーの位置を、みて空いたところにシュートする練習をしっかりしていけば上がるはず!失点はミスからですがこれは練習試合。悔しくて泣いたしょうた!心強いと思いました。
    疋田はDFラインでは落ちついてパスをしっかりとサイドにつけれるのでボールポゼッションはあがります。あとは歩かなければ完璧!(笑)

    3本目。
    2本目の布陣でのぞむと、これも狙っていたたかひろのミドルが相手ゴールに吸い込まれ先制。シュートでおわる!大事なシーンでした。後半は1本目の市大会布陣に戻しスタートしましたが2失点。対戦相手によってこの二つの布陣をつかっていく。

    いいトレーニングマッチでした!

    SLホワイトにつづく

    監督貞廣
    もしよかったらこの「拍手」ボタンをクリックしてね!
    大拍手の場合は「もっと送る」を連続クリック♪v(・_・)
    あなたの拍手で右上の「拍手ランキング」が決まります\(^_^)/

    web拍手 by FC2
    関連記事
    検索フォーム
    カテゴリ
    カレンダー
    12 | 2015/01 | 02
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    プロフィール

    aobacoach

    Author:aobacoach
    「青葉FC★監督・コーチのつぶやき!」
    横浜市青葉区の少年サッカーチーム「青葉フットボールクラブ」監督及びコーチによるブログです。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2拍手ランキング
    みなさんの「拍手」の数がランキングになります。大きな拍手をお待ちしています!
    リンク
    RSSリンクの表示
    Yahoo! 検索