FC2ブログ
    青葉フットボールクラブ【青葉FC】は、横浜市青葉区のすすき野小学校で活動している少年サッカーチームクラブで、すすき野小学校、荏子田小学校の他、数多くの小学校、幼稚園の子供たちが所属しています。

    時之栖CUP 青葉FC L 予選リーグ VS FC桜丘、梅一FC’78B 1位トーナメント VS FCボノス目黒A、西砂青少年SC、若草FC A、JUNS SC【2014年度合宿カップ戦)】@御殿場時之栖グランド/少年サッカー

    青葉FC U12 vs FC桜丘、梅一FC’78B、FCボノス目黒西砂青少年SC若草FCJUNS SC
    (2014年8月9日(土)、10日(日)、11日(月)/@時之栖・裾野・舟久保グラウンド/静岡県御殿場市/少年サッカー)

    Bグループ 予選リーグ
    ①【 vs FC桜丘/○2-0 得点者/桂田、白石】
    ②【 vs 梅一FC’78B/○6-0得点者/桂田、白石、小嶋2、小西、勝間田】
    1位トーナメント
    ③【 vs FCボノス目黒A/○1-0得点者/桂田】
    ④【 vs西砂青少年SC/●0-6】
    ⑤【 vs若草FC A/●0-4】
    ⑥【 vs JUNS SC/△1-1得点者/勝間田】 PK合戦にて敗戦

    昨年に続き夏の合宿は、御殿場の時之栖CUPに参加した。
    今年は台風の影響で初日は、曇天、2日目は豪雨、3日目は霧雨と暑さはさほど感じなかったが、雨に濡れた選手の体をなるべく冷やさず次の試合に臨むかが難しかった。
    雨でぬれたユニフォームを着替えるのは勿論だが、それを回収して素早く乾燥器にかけ、次の試合前には選手に届けるという、川向さんのサポートは素晴らしかった。
    この場を借りてお礼を申し上げます。

    Lのカテゴリーは全60チームが参加し、初日の予選リーグの結果により順位を決定し、2日目以降は、順位トーナメントを行い、総合順位を決める大会である。

    昨年は、初日につますき1位トーナメントに残れない結果となってしまったので、まずは初日の1位通過を目標に置いた。
    初戦は、GKひろと、DFはセンターりく、りんたろう、サイドりょうへい、まひろ、MFはボランチしおん、トップ下ゆうじ、サイド小嶋、りゅうぞう、FWはけんたろう、りゅうとでスタート。このフォーメーションをベースに選手を入れ替えた。
    たちあがりは一進一退でゲームが進んだが、8分左サイドを抜け出しけんたろうが先制すると11分には、けんたろうのパスを受けたりゅうとが2点目を決め前半を終了。後半選手を入れ替えたが追加点を奪うことはできなかったが、まずは2対0の完封勝利と幸先のいいスタートが切れた。

    2試合目は、初戦に較べプレスが甘かったこともあり、選手は生き生きと躍動し、前半2分けんたろうのドリブルシュートを皮切りに5分りゅうと、11分小嶋と3得点し、前半を3対0で折り返すと、後半大幅に選手を入れ替え全選手出場したが後半も3得点し6対0の完勝で、あっけなく1位通過を決めてしまった。
    2日目の初戦のFCボノス目黒Aは、5年生チームながら非常に良くトレーニングされたチームで選手の体の使い方、テクニックは見事であり、互角の戦いが続き前半はスコアレス。後半5分ペナルティー外左側から得たFKをけんたろうがGKの頭の上を抜いて貴重な先制点をあげた。その後、押し込まれるシーンもあったが選手は集中してDFし、虎の子の1点を守り抜いた。これでベスト8が確定した。
    ここまでは順調であったが、そう甘くはないことを思い知らされた。
    2戦目、選手がふわっと試合に入った隙を西砂青少年SCにつかれた。前半1分、3分、9分に失点し前半で0対3、後半も3失点し0対6の完敗を喫した。この後、決勝まで残ったチームで地力の差はあったものの強い当たりとするどいプレスになすすべもなく敗れた。このレベルのチームとの経験不足を痛感した敗戦でもあった。
    3戦目は青葉同様2戦目で敗れた若草FC A。全試合の敗戦を引きづらない戦いができるかがテーマであったが、前半7分にペナ付近から打たれ先制を許し、同16分にはCKからフリーでヘディングで決められ2点差のビハインド。後半反撃に出るが終了間際に2失点し0対4で敗れた。スコア的には完敗だが、内容は前試合より格段に良くなっており、最終戦に期待を抱かせるものであった。また、足の痛みで退いたひろとに代わって、まさひろがGKを務めたが、前にでる、クリアするなど判断が適切で、DFは大いに助けられた。

    3日目は総合順位を決める1試合のみであったが、対戦チームのJUNS SCもテクニックに優れたチームで一進一退の攻防が続いた。前半スコアレスで終わったので後半1点とったチームが勝利すると選手たちをピッチに送り出したが、後半1分、CKにマークをフリーにした選手に何なくヘッドを決められ先制された。その後もボールをキープされる時間が長く劣勢を強いられたが17分、中央付近で出した縦への速いスルーボールに反応したゆうじがドリブルで一人をかわしペナ付近でシュート。見事に同点に追いついて試合は終了。
    相手DF6人を切り裂くけんたろうのスルーボール。それに反応したゆうじのコンビネーションは素晴らしかった。
    その後のPK戦では惜しくも敗れたものの60チーム中8位とまずまずの成績であった。

    この合宿は、11人制で戦うことになる秋の市大会、県大会のTMと位置付けているが、いくつかのポジションでコンビネーションができつつある。
    後は、テクニックを含めて精度を上げることと、今回失点した原因を突き詰め、改善を怠らないことが大切。
    また、出場時間が少なかった選手は、とにかくボールに触る時間を増やし、テクニック向上を図ることを期待したい。

    1位トーナメントは強豪ぞろいで非常に勉強になった。

    (U12監督:高塚)

    【青葉FCオフィシャル「試合結果・コメント」】


    ★青葉FCはブログランキングに参加してます!(クリックしてね
    にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ ブログランキングならblogram  
    青葉FC公式facebook青葉FC公式twitter
    青葉FCブログ及びSNSについて

    チェック
    ★青葉FCオフィシャルホームページ
    ・青葉FCについて
    ・コーチングコンセプト
    ・戦績記録一覧
    ・無料体験はこちら
    ・横浜市少年サッカーチーム リンク集


    ★青葉FCスタッフ、保護者、OBのみなさまへ
    この青葉FCブログは、みんなの思い出として、
    半永久的に残していきたいと思います!
    ぜひ、みなさまがお持ちの写真をご提供いただければ嬉しいです!
    詳しくはこちらから→『みんなの「思い出」提供のお願い!


    関連記事
    スポンサーサイト



    もしよかったらこの「拍手」ボタンをクリックしてね!
    大拍手の場合は「もっと送る」を連続クリック♪v(・_・)
    あなたの拍手で右上の「拍手ランキング」が決まります\(^_^)/

    web拍手 by FC2
    コメント
    コメントの投稿
    【Font & Icon】
    管理者にだけ表示を許可する
    検索フォーム
    カテゴリ
    カレンダー
    11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    プロフィール

    aobacoach

    Author:aobacoach
    「青葉FC★監督・コーチのつぶやき!」
    横浜市青葉区の少年サッカーチーム「青葉フットボールクラブ」監督及びコーチによるブログです。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2拍手ランキング
    みなさんの「拍手」の数がランキングになります。大きな拍手をお待ちしています!
    リンク
    RSSリンクの表示
    Yahoo! 検索