fc2ブログ
    青葉フットボールクラブ【青葉FC】は、横浜市青葉区のすすき野小学校で活動している少年サッカーチームクラブで、すすき野小学校、荏子田小学校の他、数多くの小学校、幼稚園の子供たちが所属しています。

    【ベスト16】青葉FC LLブルー vs ゆりのきSC、野庭キッカーズ【2015年度 第42回 横浜市春季少年サッカー大会U10】@すすき野小学校/横浜市青葉区/少年サッカー

    2015年05月24日(日)

    【2回戦/vs ゆりのきSC/△2-2 得点者/テツト[2](PK:○6-5)】

    ようやく来た、決勝トーナメント。
    予選1位通過の青葉はシード獲得、2回戦から。。。HIPとの激闘で1-1のドロー、PKで制したゆりのきSCと対戦です。

    GKイナッツ、FPユウキ、ヒロ、リョウセイ、リョウガ、シン、リュウセイ、テツトでスタート。
    スタートから、素早く攻め込む姿勢を見せ、早々とゲームの流を掴みかけた。しかしながら、相手のテクニックある選手に振り回され、乱された。さらには、どうやら緊張気味の様子。。。相手の早いプレスに視界も狭くなり、ミスも次第に増えていった。声がけが段々となくなっていく様子が、状態を物語っていた。

    それでも、安定したDFラインの連携でバランスを取りながら、ヒロが良く守ってくれました。また、リョウガはバタバタのゲームを自らドリブルキープ、突破することで落ち着かせ、ユウキの攻撃参加で連携を見せた。

    前半半分を過ぎたところ、絶好の位置でのFKを得て、テツト。人工芝なので飛びすぎるかと思いきや、しっかりと狙いすましてゴール右上すみ技ありの先制ゴールを決めた。少し緊張が解けたか、怒涛の攻撃を仕掛けるも、ゴールを奪えずに折り返し。

    後半からは、ケガの心配もあるがリズムを掴むためにもケイゴを投入。しかしながら予想以上の相手の気迫に、混乱を見せ始める。徐々に攻め込まれて何とかクリアしたものの、相手CK。ゴール前に落ちるボールに誰も競らずに得点を与えてしまった。空気が一変し、流は相手チームへ。バランスを崩したところを突かれてさらに失点を重ねてしまい、逆転されてしまった。

    残り時間も少ないが、流れを引き戻すべくシンとテツトを下げ、ヒロとユウキを最前線へ。前の絡み、ドリブルでのキープも増え、ワンタッチでの連携も。。。流が変わり始めたが得点には結びつかない。

    それでも終了間際に得たCK。テツトがペナルティーエリアに落としたボールをGKがファンブル。。。そのままゴールに吸い込まれた。このゴールにてドロー、PKでの勝負です。

    PKはどちらが勝ってもおかしくない。メンタルの強いキッカー人数とGKがいる方に結果は流れて行きます。お互いにミスも無く続くPK、青葉はキッカー全員、迷いなく淡々と決める姿は貫禄さえ見せた。相手選手のボールがクロスバーに嫌われ、最後にリョウセイが決めて勝負あり、3回戦へコマを進めた。

    ただ、勝利したので手放しで喜びたいところだが、ここまで追い込まれるとはイメージしていなかった。この1年で安定したチーム力をつけていきたいと改めて感じました。


    【3回戦/vs 野庭キッカーズ/●1-3 得点者/ユウキ】

    決勝トーナメント3回戦。
    伝統ある強豪チームとの対決。GKイナッツ、FPユウキ、ヒロ、リョウセイ、リョウガ、シン、リュウセイ、テツトでスタート。
    開始早々に、個、チームのレベル差を見せつけられる。ポゼッション、コンビネーションも練習量、経験値が想像出来る。。。キープしている間のその他選手のスペース取りも良く、3人目の動きも迷いがない。個の力の高さが、選手全員のイメージがリンクしやすいのでしょう。

    青葉は予測がマッチしない時間帯、振り回されることで無駄な体力を奪われる。中央が不在になりつつあったので、どのポジションでもプレーが安定してきたリョウガに任せた。このまま振り回され続けると頭の中が白くなってしまう。。。と思っていたその瞬間、右からエグられ左へ出されたラストパスがゴールへ。。。見事に決められてしまった。

    焦りを見せて崩れてもおかしくない良く見るパターンだが、気持ちは落ちずに予測からくる早いプレス、フォロー、攻撃への転換と、相手に流れを与えない展開を見せ始める。その要因に、安定したDFラインに加え、ヒロの攻撃参加が相手のリズムを狂わせる。こちらの得点も無いが、追加点も与えることなく、1点ビハインドのまま折り返し。

    リズムが出て来たので、そのまま後半へ。
    DFラインが少し薄く見えたので、攻撃に転じればチャンスはある。一気に行きたいところだが、ヒロを残して、ユウキを前線へ送り、テツトを下げた。お互いにチャンスをものに出来ず、苦しい時間帯が続いたが7分、右でチャンスを作り、ユウキがドリブルで仕掛け、相手DFに引っかかるも前へ運び。。しっかりと決めて見事に追いついた。

    逆転ムードが漂い、プレーの一つひとつが速くなったと思ったのも束の間、相手も拍車をかけて攻め込み始める。後半10分、フィールド中央から、迷いなく走りこんでいる選手に合せる浮き球で綺麗にウラを取られ、そのままGKとの1対1、しっかりと決められて突き放された。
    諦めない青葉だが、終了間際に集中力が衰えたところ。。。プレスへの足が出ずにさらに失点、ゲームを決定づけられた。

    よほど悔しかった様子の選手達は号泣。。。どんな状況でも最後まで諦めずに、よく頑張りました!
    でも、新生チームでとして初めての公式戦。いいチームが多かった予選ブロックを1位通過し、決勝トーナメントへ挑戦。ポジションチェンジでチーム力を落とさず、さらにはバリエーションを加えることも出来るように成長した。約190チーム参加の今大会で、ベスト16は素晴らしい成績です。

    この日のマリノスタウン。。。様々な強豪クラブチームがゲームをしていたが、イメージしている戦い方はまったく同じ、少年サッカーの進化は早い。
    この会場に来たこと、3回戦での敗戦でさらに青葉U10の課題は明確になったことは、大きく影響させたいと感じる。

    気持ちを切り替えて次の青葉区大会のため、準備をしていきましょう!

    サポーターのみなさん、後押しとなった熱い応援、ありがとうございました!

    (U10監督:冨塚)

    関連記事
    スポンサーサイト



    もしよかったらこの「拍手」ボタンをクリックしてね!
    大拍手の場合は「もっと送る」を連続クリック♪v(・_・)
    あなたの拍手で右上の「拍手ランキング」が決まります\(^_^)/

    web拍手 by FC2
    コメント
    コメントの投稿
    【Font & Icon】
    管理者にだけ表示を許可する
    検索フォーム
    カテゴリ
    カレンダー
    08 | 2023/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    プロフィール

    aobacoach

    Author:aobacoach
    「青葉FC★監督・コーチのつぶやき!」
    横浜市青葉区の少年サッカーチーム「青葉フットボールクラブ」監督及びコーチによるブログです。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2拍手ランキング
    みなさんの「拍手」の数がランキングになります。大きな拍手をお待ちしています!
    リンク
    RSSリンクの表示
    Yahoo! 検索