fc2ブログ
    青葉フットボールクラブ【青葉FC】は、横浜市青葉区のすすき野小学校で活動している少年サッカーチームクラブで、すすき野小学校、荏子田小学校の他、数多くの小学校、幼稚園の子供たちが所属しています。

    青葉FCα VS 橘SC、大田クラブ【2016年 交流戦】 @谷本公園多目的広場/少年サッカー

    2016年03月05日(土)

    ① VS橘SCレッド ●0-3 ② VS大田クラブブルー ●1-2得点:藤田
     ③ VS橘SCレッド ●0-2 ④ VS大田クラブブルー △1-1得点:橋本
     ⑤ VS橘SCレッド ●0-1 ⑥ VS大田クラブブルー △1-1得点:古屋
       
    先週青葉カップが終わったばかりであったが、5日は谷本公園に2チームを招待しての交流戦を行った。
    各チームとも2チーム作り、グランドを2面作っての対戦となった。
    青葉はα、βを作り、βは大村さんに監督をお願いし、私はαを見ることにした。
    試合形式は、20分1本×4本、10分1本×2本という変則マッチだった。
    αはGKうーご、DFにりょうへい、れお、MFはゆうご、えいと、嶋(2試合でりょうと交代)、FWは古屋、橋本、りゅうのすけ(2試合)。遅れて長尾が2試合に参加した。
    橘SCは、川崎市高津区にある強豪で体も強く、技術もしっかりしている。
    1対1に強く、少しでもマークがあくと、容赦なくミドルシュートが飛んできた。
    ゴールに迫られたときどこまで寄せればいいのか、身を持って体験できたと思うので、今後に活かしてほしい。
    また、なかなかゴール前に入れず、3本やって1点も取れなかった。
    えいとが中盤の真中をやったが、サイドハーフや前線の動き出しが遅く、なかなか前にボールを運べなかった。また、選手同士の距離が近すぎるのも有効なパス回しにつながらなかった原因だ。長尾が来てボールを持てる時間が少し増えたが、厳しいDFに少しでも判断が遅れるとボールを奪われることも経験した。
    それでもりょう→えいと、ゆうご→りょうとパス&ゴーによりチャンスは作れていたので、そのチャンスを増やすことだ。
    強い相手にいかに得点するか。来年度に向けての大きな課題だ。

    大田クラブも昨年の青葉カップの優勝チームでボール回しを大事にするプレースタイルだ。
    初戦の1本は相手チームのパス回しにとまどったが、2本目以降は互角の対戦となった。
    橘ほど大きく強い選手がいなかったのが、互角に戦えた要因だとは思うが、勝ち切りたい試合もあった。
    しかし、2トップを飾った6年生のりょうととこうきが揃って得点したのは圧巻だった。
    練習や青葉カップを通して少しずつサッカーの勘を取り戻りつつあることを感じた。
    いよいよ6年生は13日の6送会を持って引退となる。最後まで楽しんでもらいたい。

    関連記事
    スポンサーサイト



    もしよかったらこの「拍手」ボタンをクリックしてね!
    大拍手の場合は「もっと送る」を連続クリック♪v(・_・)
    あなたの拍手で右上の「拍手ランキング」が決まります\(^_^)/

    web拍手 by FC2
    コメント
    コメントの投稿
    【Font & Icon】
    管理者にだけ表示を許可する
    検索フォーム
    カテゴリ
    カレンダー
    08 | 2023/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    プロフィール

    aobacoach

    Author:aobacoach
    「青葉FC★監督・コーチのつぶやき!」
    横浜市青葉区の少年サッカーチーム「青葉フットボールクラブ」監督及びコーチによるブログです。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2拍手ランキング
    みなさんの「拍手」の数がランキングになります。大きな拍手をお待ちしています!
    リンク
    RSSリンクの表示
    Yahoo! 検索